はじめに 黒澤止幾(とき) 日本初の女性教師

黒澤止幾とは?

止幾
初めて名前を聞く方もいるかもしれませんので、簡単に紹介をします。
明治5年8月、学制発布後、日本初の小学校女性教師になったというのが、最も有名です。この翌年には、徴兵令が公布されました。

止幾の教育は、学問以外に、人間として生きていく上で必要な道徳を教えました。

それ以外に、安政の大獄で、水戸藩主徳川斉昭が罰せられた際に、無実潔白を証明するため京都の朝廷へ女1人で乗り込んだ人物でもあります。

す・ご・い 人なのです。
でも、その生涯は、波乱万丈でした。その生涯を紹介します。

現在でも、江戸末期に建てられた生家が茨城県東茨城郡城里町錫高野にあります。その当時の寺子屋風景がそのまま残っています。
生家
寺子屋

2009年までは、止幾6代目の子孫で当主の黒沢清一氏が1人でこの家を守っていましたが、同年夏他界し、存続が危ぶまれています。

2009年末より、黒澤とき生家保存の為様々な動きがありました。
映画化の話も有りますが、未だ先行き不透明です。

2010年1月4日現在、黒澤とき生家は現存しています。
今のうちに見学しておいた方がいいですよ!
posted by TOKI at 08:25 | Comment(4) | TrackBack(0) | はじめに
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。