徳川斉昭の無実を晴らす 黒澤止幾(とき) 日本初の女性教師

徳川斉昭の雪冤運動

※雪冤とは、無実の罪をすすぎ、潔白であることを明らかにすること。

安政5年(1858年)4月、彦根藩主井伊直弼が幕府大老に命ぜられ、停滞した幕政を一挙に挽回しようとして、天皇の許可を待たずに日米修好通商条約に調印した。これを知った徳川斉昭等は、不時登城し井伊直弼に対し無断調印したことを激しく面責した。
このため幕府は斉昭等に対し不時登城の罪により厳しい罰則を科した。「重謹慎」を命ぜられた斉昭のため、水戸藩士民は大挙して江戸に上り、斉昭の雪冤運動を行い水戸藩内は騒然となった。幕府は勤皇派に対する圧力を強め、多くの志士達が捕らえられ投獄さて、あるいは斬罪となり、その数は百名に達した。
これが「安政の大獄」と呼ばれる幕府の圧政である。

この風聞が次第に伝わり、勤王の志厚い止幾は、黙って見ていることが出来ず、烈公の無実を京都の朝廷に訴えようと決意した。
安政6年2月22日、止幾は母の許しを得て女性の身でただ一人故郷を後に、一路京都へと旅立ったのである。止幾が54歳のときだった。

止幾は東海道を行く考えであったが、通行人の激しい東海道は途中、取締りが非常に厳重であったので、笠間から下館を通り桐生を過ぎ、草津に到着した。3月2日のことだった。
それから、信州路より長野へ入り、松本、塩尻を経て関ヶ原大津から3月25日に京都へ入った。故郷を出て24日目であった。
止幾は、水戸の旅人が宿泊するという京都の扇屋に宿をとり、朝廷に差し出す献上の長歌の清書をして、座田右兵衛維貞に献上の長歌を託した。

京都における幕府の警戒は一層厳重で、関東から女の密使が京に潜入したという噂はたちまち京都に広まった。

大阪に向かった止幾は、そこで役人に捕らえられ、再び京都へ護送され厳しい取調べを受けた。2ケ月近い入牢の末、5月15日、政治犯として重罪人扱いとなった止幾は、唐丸籠に乗せられ江戸へと護送された。途中の宿場宿場では、女性志士を見ようとする見物者が大勢詰め掛けた。そして、江戸伝馬町の獄舎に入った。この牢には、吉田松陰をはじめ多くの志士達も捕らえられていた。

京都への路


厳しい尋問を受け続けたが、やっと疑いが晴れ、刑が確定したのは10月27日であった。幕府は、止幾に「中追放」を命じ、常陸の国への出入りを禁止したので、小石川や下野国茂木の知人宅に身を寄せ、12月6日密かに実家に戻り、9ケ月ぶりに老母と対面した。

翌年、1860年3月3日、大老井伊直弼は激昂した水戸浪士等の襲撃を受けて暗殺された。(桜田門外の変)
幕府の威信もすっかり衰え、止幾の追放もいつしか緩やかになった。

黒澤止幾 献上の長歌

千早振る 神代の昔 神々の しつめ玉ひし 秋津島 実にも貴き
日の本の 清き光は 古も 今も千歳の 末までも かはらぬ君が
御代なるを かくとはいざや しら波の 寄せ来る如に 異国の
ことうき舟の えみしらが しゆる願ひを つとつとに 受け引き
国の あやまちは 井伊といふ士の心から 御国のおもの 食みながら
おさおさしくも 思ほへず あやなくまとふ ぬば玉の 心のやみの
くらかりし 黒き間部を 語らひて 功あれど 咎のなき かしこき君を
おしこめて 黄金の色を 山吹の 花散る如に まきちらし 重き雲上を
恐れなき たくみんのほどぞ あさましき あさきたくみも 自づから
浮世の人の 言の葉に かかる悪事を 伝え聞く 身は下ながら 天照らす
神の御末を くみてしる 功ありし 藤原の 流れの末の 我なれば
聞すてならず 年たけて 五ツの四ツに なりぬれど 七十路三ツの
母そばの 老いの齢を 見まほしと 教への道を 業として 細き煙の
たち居よく 朝な夕なに 仕へしも ことを委曲に 語らひて しばしのいとま
こひければ ともに心を そへられて 御国のために 時を得ば 早とく行けと
老楽の 言葉もすぐに 力くさ 露をふくみし あさぼらけ 目も立ちいずる
衣手の 常陸を出でて 敷島の 道ある御代を したひつつ 杖を力の
旅のそら たどるも君が 御世のため 思ひつつけし 老いが身の
矢たけ心は 春の野を 行くも帰るも 梓弓 はるけき道を 細蟹の
糸もたゆまず 引きはへて 雲の上まで かけ橋を 渡る思ひは 天さかる
ひなに生まれし ちりの身の ちりつもりてふ 山の井の 深き心の
みなもとは 流れて清き 丸水の 中にすみぬる 魚心 つたなき身をも
忘れつつ 御国のためと 朝夕に 千々に心は くだけとも ただひとすぢに
行く水の せみの小川に みそぎして はるばるきぬる 旅衣 あかつきながら
鶯の 発音のけふの ことぶきや 野末に匂う 梅が香を 天つ空まで
伝へあげ 恐れ多くも 久方の 雲上の庭に ぬかづきて かしこみかしこみ
つつしみて 申す言の葉 奉るなり

反歌

よろず代を照らす光の十寸鏡 さやかにうつす財が真心

あつさ弓はるけき道を細蟹の 糸もたゆまず雲の上まで

きよみかたきよらにすめる有明の 月にくらへむ日本こころを

衣手のひたちを出て敷島の みちある御代をたずねてそとふ

安政6年未3月
  黒澤 李恭   頓首再拝

献上長歌・反歌の現代約

神代の昔、神々が鎮正なさった、まことにけだかいこの日本の国は、昔も今も更に千年の後の世までも、変えることのない君が御代であるはずなのに、こんな有様では、まことにわけのわからないご時世だ。
白波が寄せ来るように外国のいやらしい舟がやって来て、彼等が強いる無理な要求を早速引き受けたあのあやまちは、井伊直弼と言う士が日本の俸禄を喰んでいるくせに立派なことだとはとても思われない。
何の分別も無い間部詮勝に命令して、手柄こそあれ何の罪科もない我が主君を幽閉し、多くのお金で買収して恐れ多くも皇室の方々を言葉巧みに引きつけたことはあさましいことだ。知恵の浅い井伊掃部の頭のこんなからくりは、しぜんと世間の人々の言葉に上がり、こんな悪事を云え聞いてみれば、私は下賎の身であっても、神代の神のご子孫である勲功の高かった藤原氏の末流の私であるから、これを聞き捨てるわけにはいかない。
私は年をとって54歳にもなったので、73になる老母のそばで最後のお仕えをするつもりで、私塾を開きながら暮らしてきましたが、この事情を詳しくお話して少しの間のお暇をお願いしましたところ、母親も私に向かって同感なさって、お国のためによい機会だからと老母は率直に私に力をつけて下さいました。そこで露深い早朝の日の出とともに常陸の国を発って、日本の道理が立派に行われる御代にしたい一心で、杖をたよりの旅に出たのもひとえに主君を思う一念からです。
老のわが身ですが止むにやまれぬ心は遠くまで蜘蛛の糸がぴんと張っているように、宮中まで続いている架け橋を渡る私の心です。それは、田舎者の下賎な私ですが、山の井の清水のように清らかな流れの中にすむ魚の心と同じです。いやしい自分をもかえりみず、お国のためにの一心で、どうしたものかと案じましたが、もはやこの上はと先づ賀茂神社へお参りしました。まだ明け方ですが、鶯の初音を聞いたお目出たい今日でした。そしてこの私の心の中を宮中まで申し上げるため、恐れ多いことですが、お宮の前にひざまづいて、謹んで私の言葉を申し上げ奉る次第です。

反歌(はんかとは、短歌の形をとるのが普通で、前文で言い足りなかった点を付け加えたもの)

・いつ迄も照らして変わりのないこの一尺ほどの鏡に、今こそはっきりと私の真心を写しましょう。

・はるばる旅を続けてきました、さあ蜘蛛の糸のぴんと張る宮中まで張り渡りましょう。

・きよらかに澄み渡っている今朝の月は、これこそ我が日本の清い心と同じでしょう。

・ふるさとを遠く旅して来ました。さあ日本の道理の行われている御代をはるばるたずねてみましょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。