結婚と死別 黒澤止幾(とき) 日本初の女性教師

結婚そして夫との死別

止幾は、文政7年(1824年)19歳の春に、父の実家である水戸藩領久慈郡小島村の鴨志田彦蔵将時に嫁いだ。止幾は、1人娘で生家を継承すべきであったが、父の実家に嫁ぎ、その子に生家を継がせる約束で嫁いだといわれている。

文政10年(1827年)に長女久子が、天保元年(1830年)に次女照子が誕生した。

しかし、夫彦蔵は放蕩者であった。いさめても聞く耳をもたない夫の非行を改めさせようと、ひたすら神に祈りつつ、苦渋と忍従に明け暮れた生活を送っていた。
この小島時代の止幾は専ら農業に励み、紅花の栽培などに従事していた。
そうして小島における8年間、止幾は、ひたすら貞節を尽くし家のため、夫のため、子供のために苦労を重ねた。しかし、その甲斐も無く、天保2年(1831年)に夫が死亡したので、やむを得ず、翌天保3年の秋、2人の子供を連れて錫高野の生家に戻った。
posted by TOKI at 22:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 結婚と死別
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。