止幾の短歌 黒澤止幾(とき) 日本初の女性教師

止幾の短歌

述懐
老が身は朽木となれど残る名は
末の世までの鏡とも見よ

夏虫
露ふかき埴生の庭の草木まで
たまの光りい照らす夏虫


音もせぬ雨に契りて朝みどり
風にまかする青柳の糸

梅薫枕
垣こしに隣の花をさそい来て
まくらにかおる風の梅が香

梅留袖
ぬばたまのやみはあやなし梅の花
そこともわかず袖にかおれる

山家の春月
人問わぬ山里いかにまだ宵の
つきはおぼろにかすむ春にも

名所の花
草枕かりねゆかしき有明の
月夜よし野の花の夕ばえ
ふみわけていさ見にゆかんよしの山
道もなきまで花の白雪

社頭鶯
千はやぶる神の御山のうぐいすは
こえもたかまが原にこそ鳴け

暮春鶯
あし引きの山路に今日は打ちむれて
うぐいすきかん春の名残りに

関路時鳥
越ゆるとも誰かとがめん関の戸を
明方近き山ほととぎす
ほととぎすまだ明けやらぬ関の戸を
名乗りて過る夜半の一こえ

夕草の花
菊の葉に置くちょう露の数見えて
花にひとしき夕月の照る

朝の川霧
朝なけに梶とりあえず引船の
つな手をつつむ淀の川ぎり
秋風起白雲飛草木黄落雁南帰
秋風に峯のしら雲飛び超えて
もみぢ散る頃渡るかりがね

五月雨
草深くむすぶいおりのさみだれは
とももあらしの山のふもとに
かりそめにむすぶいおりの草の戸に
きのうに今日とつづく五月雨

五月雨晴
五月雨にみだれし雲の飛びきえて
あおらに涼しくすめる月かげ

竹雀
己が住む松に千鳥を古池の
みぎわに遊ぶひな鶴の声

名所の蛍
夜はもえてひるは竹葉に身をひそみ
つれなくこがす蛍火のかげ

御祓
みそぎして心もきよくならの里
小川の水もすみ渡るらん

袋田の四季
春雨にくだけて落る袋田の
たきの鶯音たててなく
ほととぎす鳴音をそえて袋田の
谷のとぼそにひびく瀧つせ
つつらがた綿の帯と見はやさん
紅葉照りそう袋田の瀧
袋田の瀧の白糸しらしらと
しらけてこおる冬の夜の月

寄水恋
独り住む心もきよき山の井の
ふかきおもいを汲みてこそ知れ

鶴契千年
君が代の千代の栄えを仰ぎつる
まつに契りの深き心は

初紅葉
つゆ霜に深く染ても小倉山
御幸まつまの紅葉やさしき

獄中作
とこしえに向う鏡のなかりせば
我かげにだにあわぬくるしさ
posted by TOKI at 18:18 | Comment(3) | TrackBack(0) | 止幾の和歌と俳句
この記事へのコメント
これはその魔力を着て、それはきわめて強烈な神秘感があります。グッチ財布ブランドスーパーコピーの流行は:それは永遠に大きい面積の流行する注目個所がきっとならなくて、しかしそれは永遠にひとつが流行する。春に到来する時、あなたは1件の紫の調子の財布を収集することを試みることができて、それは春にあとで淘汰する決してない。ブランドスーパーコピー
Posted by ブランドスーパーコピー at 2014年02月08日 14:49
スーパーコピーグッチ代引き専門店,【人気N级品】グッチコピー | Jpproshop111.comスーパーコピーグッチ響くする時計、世を聞きます 界の標準時区が表で、陀はが襲うことを飛んで、および^世界は最小で、最も 薄い手ftが鎖のチップなどの多い領域臻至に動くのはすべて完璧になることができて、n試みを積むのは新しいです の材質と新しい技術、追って成功を求めますi5!の同時に、自ら突破をも忘れないで、徹底的にきわめて時計の製造技術のに挑戦します 期限、絶え間ない革新はジャガー・ルクルトに一回表してまた引かせます 潮流を受け取りました。スーパーコピーグッチ
Posted by スーパーコピーグッチ at 2014年04月25日 16:13
モンクレールダウンジャケット『販売実績1万3千件突破!!いつもありがとうございます。モンクレールダウンベストは丁寧で安心なお取引を心がけています』
Posted by モンクレールウンアウトレットコート at 2014年12月26日 12:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。